1. Top » 
  2. 投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

為替ヘッジ

円を元手にして外貨建て資産に投資する場合は、外国為替取引で円を外貨に替え(円売り・当該外貨買い)、その外貨を使って投資を行います。

もし、これにあわせて、外国為替の売予約、先物・オプション取引などにより「当該外貨売り・円買い」を行うと、その分だけ(当該外貨売り・円買いを行った分だけ)為替変動の影響を基本的に受けない外貨建て資産を作ることができます。
こうした手法などを使って為替変動リスクの低減を図ることを「為替ヘッジ」といいます。

なお、為替ヘッジを行うと、外国為替の先物市場などで取引コストがかかるため、外貨建て資産への投資成果は、為替ヘッジを行わない場合と比べて、ヘッジ・コストの分だけ低下することになります。


スポンサーサイト

不動産投資について

不動産投資とはその名の通り不動産を利用して利益を得る投資法の1つです。
最近は賃貸ワンルームマンションへの投資が多くなっています。
ご存知だと思いますが、不動産であるマンションを自分で建てて、管理していくのではありません。
不動産投資用マンションを専門的に取り扱っている企業が、マンション建設費用を集めて、賃貸管理もしてくれます。
不動産投資をする人は資金を提供するだけです。

REITや不動産投資信託として、信託会社や証券会社が不動産を証券という形にして販売しているケースもあります。
このような投資が増えてきた背景には、ある程度の余剰資金は持っているけれども、為替や株式などリスクの高い商品に手を出すのをためらっている人をターゲットとした会社が増えてきたためです。
不動産であれば土地と建物が残りますから、ミドルリスクミドルリターンの投資法とも言われています。
もちろん、東日本大震災などの大きな災害が発生した時には、不動産の価値も大きく下がってしまいます。
ただ、その確率はかなり低いと考えられますから、安定した投資という考えもあります。

最近のマンションは高層化が強くなっていますから、土地の価値よりも建物の価値が重要視されているとも言われています。
どのようなマンションが市場で求められているかは建設会社などが十分リサーチをしています。

不動産投資のためにローンを組むケースも少なくないでしょう。
月々のローンの支払いをしていても最終的には利益が出る計算で投資するわけですが、空室期間が長かったり、思わぬ修繕費などで赤字になるケースもあるようです。

収入の増やし方収入を増やすには収入を増やす方法株式投資を収入源にする
不動産投資サラリーマン外国為替動向株式投資銘柄選び




投資信託の分配金についての注意点

投資信託を購入した投資家は、購入した時点での基準価額より、換金時の基準価額が高ければ利益をあげることができますが(販売手数料などは考慮していません)、投資信託による利益はそれだけではありません。
投資信託には、「分配金」と呼ばれるお金を、投資信託の決算が行われる際に支払う仕組みがあります。

分配金は、投資信託が株式や債券に対して投資し、運用して得た収益を、保有口数に応じて投資家に分配するものです。
分配金は、投資信託の信託財産から支払われます。
そのため、分配金が支払われると、「純資産総額」および「基準価額」は下落します。
投資信託の分配金の支払いの方針は、投資信託によってさまざまです。
また、分配金の支払い頻度についても、毎月支払われるものから年1回だけのものまでと、投資信託によってさまざまです。
分配金の額も、決算の内容や分配方針によって変化し、状況によっては支払われないこともありますから注意が必要です。

おすすめ投資信託資産運用おすすめ海外ETF
ETFメリットETFおすすめ銘柄お金持ちになる方法



資産分散によるパフォーマンス安定化

ポートフォリオ全体の値動きは投資対象の資産クラスの基本資産配分によって概ね決まるといわれています。
さまざまな資産クラスに分散投資を行うことで、パフォーマンスを安定させ、大損を避けることが重要です。
(資産分散をするとパフォーマンスの良い資産クラスと悪い資産クラスの双方の値動きが相殺されるため。)

効果的な分散投資には、経済や市場の変動に対して動きの異なる資産クラスを組み合わせることが必要です。
また、リターンの異なる資産クラスに分散投資することで、特定の資産のリターンに影響されにくくなり、保有全体で見たパフォーマンスが安定します。

投資対象の構成比率を決める方法には、いくつもの方法があると思いますが、機関投資家をはじめ運用会社は、一般的にポートフォリオのリスク・リターンの効率性を高めることを目指します。

投資家が合理的にリスク回避的な投資行動をすれば、同じリスク水準ならば期待リターンのより高いポートフォリオを投資家は選択することでしょう。
また、同じリターン水準ならばリスクのより低いポートフォリオを投資家は選択するはずです。

ポートフォリオの価格変動性は、推計リスク(標準偏差)とかかわりが深く、1年間で推計リスクの2倍程度上昇する可能性がある一方、下落する可能性もあります。
そのため、投資できる期間や、短期的に損失が出てしまった時にどれだけ我慢できるか、といった自分の忍耐力をあらためて見つめることが大切です。
一時的に40%以上の値下がりに耐えることが出来るならば、積極型ポートフォリオなど長期的には高い運用成果が期待できる株式中心のポートフォリオを選択することができるでしょう。
しかし、短期的にでもなるべく値下がりを避けたい場合は、長期的には高い運用成果を期待できないかもしれませんが、バランス型ポートフォリオなど債券中心のポートフォリオを選択したほうがよいでしょう。
この基本資産配分で運用成果の大半は決まってしまいますので、投資を行う際には、同じ資産クラスの中で、どのファンドを選択しようかと迷う前に、長期的な観点でのリスク・リターンの予想に基づき「どの資産クラスに、どれくらい配分するか」という基本資産配分をしっかり決めたほうが良いかもしれません。






投資適格債券とは

債券は格付機関と呼ばれる専門機関により格付けが付与されています。
この格付けは、債券の元本および利息の相対的な支払能力、つまり信用力をランク付けしたもので、各格付機関が独自にアルファベットなどの記号を使用して表示・公表しています。

債券は、この格付けにより「投資適格」か「投機的」かに分類されます。
代表的な格付機関であるムーディーズの場合は「Baa」格以上、スタンダード・アンド・プアーズの場合は「BBB」格以上に格付けされた債券を「投資適格債」と呼びます。

投資適格債は、支払い能力が比較的高く、投資に適した債券であると解釈できます。
一方、それより低い格付けのものを「投機的格付債」と呼びます。
例えば、投資信託の目論見書などに「ファンドは、原則として、取得時の格付けが投資適格である公社債へ投資します」と記載されている場合、このファンドの運用担当者がファンドのお金を公社債に投資する場合、投資適格と格付けされている公社債に的を絞って投資する、リスクが抑えられたファンドであることを意味しています。

投資適格債券は信用度が相対的に高いために、これらに投資するファンドは投機的格付債に投資するファンドよりもリスクが低く、その分期待できるリターンも低くなります。
同じ債券に投資するファンドでも、組み入れる債券の格付けによりリスクが異なることをきちんと理解して投資することが大切です。




Page Top

カテゴリー
最近の記事
.
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。