1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 確定拠出年金のしくみ
  4. ファイナンス » 
  5. 確定拠出年金のしくみ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

確定拠出年金のしくみ

確定拠出年金は、2001年に設けられた新しいタイプの年金制度で、加入者自身が掛け金を運用して、その運用実績に応じた年金を受け取るしくみが確定拠出年金の特徴です。
企業が掛け金を負担する「企業型」と、個人が単独で加入する「個人型」の2種類があり、個人型確定拠出年金は証券会社や銀行、郵便局などで加入することができます。

確定拠出年金の特徴

確定拠出年金には、主に下記の特徴があります。

自分の考え方にあった運用商品を選ぶことができ、運用に成功すると高い運用収益が期待できる。
確定拠出年金制度の運用商品は、預貯金、公社債、投資信託、株式、信託、保険商品などがある。
運営管理機関によって商品ラインナップは異なるが、自分の年齢や資産の状況、リスク許容度に応じて運用商品を選択できる。
少なくとも3ヶ月に1回、運用する商品の割合を見直すことができる。

転職した場合は、自分の年金資産を転職先に持っていくこと(ポータビリティ)ができる。
転職先に確定拠出年金制度がない場合でも、個人型確定拠出年金制度で資産運用を継続することができる。

税制の優遇措置を受けることできます。
掛け金拠出時 → 所得控除の対象となる
運用期間中 → 運用収益が非課税
受給時(年金) → 公的年金等控除の対象となる
受給時(一時金) → 退職所得控除の対象となる

口座管理は、個人ごとに行われるので、自分のの持分が明確になり、将来の資産設計がしやすくなる。




退職金運用老後資金必要額おすすめ投資信託
老後 貯蓄教育資金 準備老後資金運用



Page Top

カテゴリー
最近の記事
.
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。