1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 老後資金の準備方法
  4. マネーマネジメント » 
  5. 老後資金の準備方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • Genre:

老後資金の準備方法

老後の生活費を確保する大きな柱は3つです。

1つ目の柱は公的年金です。
国の年金制度は日本で暮らしている者は全員加入することとなっていますが、きちんと納めていた人は老後に年金をもらうことができます。
毎月高い保険料を引かれていると不満に思っていた人も、ちゃんとその分を取り返すことができるというわけです。
会社員であれば厚生年金、自営業者や専業主婦であった人は国民年金(老齢基礎年金)が受けられます。
どんなに長生きしても一生涯受けられる大きな老後資金の準備をしているわけです。

2つ目の柱は、退職金や企業年金です。定年退職後にもらえるこれらの収入はいわば、会社が自分に代わって積み立ててくれている老後のお金の準備というわけです。
一時金で支払われる退職金と年金払いで受けられる企業年金に大きく分けることができます。
企業年金については5年や15年といった一定期間支払われる有期年金タイプと一生涯受けられる終身年金タイプがあります。
制度の種類やもらえる金額については、会社の規模や働き方によって千差万別です。500万円程度の会社もあれば合計で3,000万円近くもらえる人もいます。
こればかりは自分の勤めている会社の規程等を調べてみるしかありません。
どれくらいの準備を会社がしてくれているかぜひ一時調べてみてください。

3つ目の柱は、自分で準備する分です。
財形年金制度や会社の持株会、積立預貯金や個人年金保険、株式に投資信託など方法は様々です。
またどれくらいのペースでどれだけ積み立てていくかも自由です。
現役生活の余裕を見極め、老後に必要な金額を判断して準備していけばいいのです。

老後資金運用退職金運用投資信託米国債券投資
外国債券投資米国株式投資新興国株式投資外国株式投資




Page Top

カテゴリー
最近の記事
.
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。